LINEで送る
Pocket

電車やエレベーターの中で泣き出してしまう

 

電車やエレベーター、バスの中など他人がいる空間で

赤ちゃんが泣いてしまうと、

 

自分も赤ちゃんも悪くないのに萎縮してしまいますよね。

 

 

どうしよう・・・ 

うるさいって思われてるよね・・・

あ、あの人「迷惑だな。降りろよ。」って顔してる・・

 

 

怒ったって赤ちゃんは泣き止むわけじゃないし、

優しい言葉で諭しても理解できません。

 

泣く赤ちゃん

 

お母さんも焦って動揺します。

しつけが出来ていないと思われるのが嫌で

赤ちゃんに怒鳴って泣き止ませようとしている人も

見かけたことがありますが、

 

でも、赤ちゃんに接した事がある大半の大人は、

「あ、赤ちゃんが泣いているな、お母さん大変そうだな。」

という感覚で見ています。

 

中には理解の無い方もいらっしゃいますが、

お母さんがそこで うろたえてはいけません

 

赤ちゃんに伝染するお母さんの焦り

 

お母さんが焦れば焦るほど赤ちゃんは泣きます。

最近までお母さんと繋がっていた赤ちゃんは、

お母さんの感情を敏感に感じ取ります。

 

ではどうすれば良いのでしょうか。

 

まず、

赤ちゃんが何故泣いているのかくみ取る。

という事を意識しましょう。初めての赤ちゃんですと、

瞬時にそれを判断するのは難しいですが、

 

要は、赤ちゃんは理由があって泣いているのです。

言葉で伝える術を持たない赤ちゃんは、

お母さんに何かを伝えたくて泣きます。

 

「暑いなぁ」

「眠たいよ」

「こっち見て」

「お腹すいた」

「おしっこ出そう」

 

赤ちゃんが感じていることは他にも沢山ありますが、

お母さんは、それを聞いてあげる姿勢を見せるだけで十分なのです。

最終的に赤ちゃんが何を言いたいのか分からなくても大丈夫。

 

優しく抱っこして

「どうしたの?電車の中飽きちゃった?w」

なんて気持ちに余裕を持ちましょう。

 

 

次に出来ることは

注意をそらす。

という事です。

 

泣いている時は

泣く事に集中しているので、泣く事から意識をそらしてあげるのです。

凄く小さい時は注意をそらせる対象は何でもOKです。

 

何でも「初めて」の事だからです。

 

カバンからポケットティッシュを取り出す。

外の景色を見せ「あ、お外おもしろよ~」。

指で動物を作る。

髪を止めているヘアアクセサリーを外して見せる。

赤ちゃん用のジュースを一口飲ませてみる。

 

お母さんが思いつく事何でもやってみて下さい。

面白いくらい目を丸くして注目しますよ笑

 

広告

それでも泣き止まない時は

 

それでも泣き止まない時ってありますよね、

 

「も~!!泣きたいのはこっちよ!」

 

って声にでちゃいそうになります。

でも赤ちゃんはコチラの都合なんかお構いなしです。

 

そう、赤ちゃんに

お母さんの都合は分からないのです。

 

これを忘れてはいけません。

 

赤ちゃんを産んだ時から私たち母親の時間は

赤ちゃんのための物になると言っても良いです。

 

いえ、むしろそのように考えているだけで、

気持ちがダンゼン楽になります。

 

赤ちゃんは私たちの都合では動かない

 

赤ちゃんが泣きだしたのが、急いで向かわなければならない

移動中の電車だったとします。

 

内心、「噓でしょ!降りてあやしている時間なんてないよ・・・」

「でも人の目が気になる・・・(泣) あ~!早く泣き止んでよ!」

 

こう考えると赤ちゃんもお母さんも毎回嫌な思いをしますね。

でも・・・

 

「あれ、どうした?電車の中暑い? 上着一枚取ろうか?」

「ちょっと降りて外の空気吸ってみる?」

 

このように考えられたら楽ですよね。

つまり、赤ちゃんと生活するという事は、

 

赤ちゃんが何時、何処で泣き出すかは分からないですし、

それが当たり前なのです。

 

何をするにも、それを想定して動けば良いのです。

 

時間に余裕をもって出かける。

赤ちゃんの気をそらせるアイテムを持ち歩く。

移動先の方に時間通りに到着できないかもしれないと最初に理解を得る。

一緒に移動するパートナーや大人がいれば、協力してもらう。

 

こうやって布石を打つことは出来ます。

準備が出来なくても、

心の準備は出来ます。

 

赤ちゃんと移動するというのはこういう事なんだ、

と最初から理解していれば、

お母さんは無駄に窮屈な思いをしなくて済みますね。

広告

 

 

LINEで送る
Pocket