LINEで送る
Pocket

 

夏になるとキャンプに出かけるというご家庭も多いのではないでしょうか?

 

我が家でも毎年家族やお友達とキャンプに行き、大自然を満喫して楽しい時間を過ごしています。

 

 

 

 

子どもが楽しそうに走り回っている姿を見るだけで、なんだか楽しくなってくるのもキャンプのいいところ!

 

そこで今回は、キャンプでの過ごし方や遊び方テントの張り方についての情報をお伝えします。

 

広告

 

キャンプでの過ごし方・テントを設置!

 

キャンプ場に着いて一息ついたらテントを設置します。

 

コテージやロッジを利用している場合は別ですが、キャンプでは基本的にテントを活動拠点にして過ごします。

 

テントの種類によって組み立て方は異なりますが、家族みんなで協力しながら立てましょう!

 

テントを設置するときはいくつかのポイントを抑えて張れば快適に過ごせます。

 

テントを張るときは日影か木の下に張る

 

直射日光を避けた日影や、木の根が張っている木の下に設置しましょう。

 

木の下は水はけも良く、しっかりと張ることが出来ます。

 

 

ただし、木の樹液が付いたり、雨が降ったときにうるさいというデメリットもあります。

 

水辺でのキャンプは水位の変化に気を付ける

 

昼間は晴れていても夜に雨が降って川などの水位が上がってしまうことがあります。

 

そうするとテントごと流されてしまう危険もありますので、川のすぐ横などにはテントを張らないようにしましょう。

 

風向きに注意する

 

テントを張るときは入り口から風が吹き込まないようにしましょう。

 

入り口を風下にして設置すると良いですよ!

 

グラウンドシート・ペグを利用する

 

テントの下は地面に接しているため、グラウンドシートを敷かないで設置すると地面のボコボコが原因で居心地が悪くなります。

 

また、雨が降ったときのために、グラウンドシートはテントより少し小さめに敷きましょう。

 

グラウンドシートはこんな感じの物です。

 ↓ ↓ ↓

 

ペグを打っていないと、強風が吹いたときに飛ばされてしまう危険があります。

 

安全のためにもペグはしっかり打ちましょう。

 

ペグはこういったテントの固定器具ですね

 ↓ ↓ ↓

 

キャンピングスタッグというハンマーで固定したり外したりします。

 ↓ ↓ ↓

 

テントの張り方はこちら↓の動画から確認できますよ^^

 

 

正直「テント張りが面倒くさい・・」という方はコチラがおすすめ

ワンタッチであっという間にテントができます。

最近は種類も豊富なので探してみて下さいね。

 ↓ ↓ ↓

 

キャンプでの過ごし方・遊ぶ!

 

 

キャンプの醍醐味といえば、なんといってもアウトドア

 

普段はなかなか触れ合うことが出来ない大自然を思いっきり楽しむことが出来ます。

 

 

子どもにとっては虫取り魚釣り水遊びをしたり、ただ走り回るというだけでも楽しいですよね!

 

余計なものを持って行かなくたって、大自然の中にいれば何でも楽しい遊びに変わり、たくさん笑うことが出来ます。

 

夜になって空を見上げると、満天の星が輝いてとっても綺麗ですね^^

 

キャンプでの過ごし方・食べる!

 

キャンプに行くと外で調理して外で食べるというのが定番だと思います。

 

バーベキューをしたり、カレーを作ったり、普段家出食べているメニューでもキャンプをしながら外で食べると何倍も美味しく感じます。

 

 

 

キャンプでは、子どもたちに料理をお願いしてみるのもおすすめ!

 

家ではあまりお手伝いをしないお子さんも、環境が変われば楽しみながらお手伝いをすることが出来ます。

 

キャンプに行ったときはみんなが「チームの一員」です。チーム全員が一丸となってキャンプを楽しむと良いですよ!

 

キャンプをするときのまとめ

 ①テントを張るときは場所選びが大事!

 

 ②水辺にテントを張ると危険!

 

 ③テントの入り口は風下に! 

 

 ④キャンプに行ったら大自然を楽しもう! 

 

 ⑤みんなで協力し合ってキャンプを楽しもう!

 

キャンプでは普段の生活では体験できない貴重な体験をすることが出来ます。

 

いつもは家でゲームばかりしているというお子さんも、キャンプに行くときはゲームにお留守番をお願いして、思いっきり自然を楽しんでみてください。

 

広告

 

 

LINEで送る
Pocket