LINEで送る
Pocket

広告

 

当時、私は幼稚園児の2人の子供をもつパート勤務でした。

 

職場の人に、「おたくの子どもさんは、病弱ね。」と言われるほど病気をしました。

 

 

 

その頃の夫は、出張が多く、当てにしていた実家も都合が悪い。

 

そんな時に、ネットで見つけたキーワードが「病児保育」「病後児保育」です。

 

病気の子どもを預かってくれる?

そんな夢みたいな話が、現実にあるのです。

 

「病児保育」ってなに?

 

働くママを悩ませる、子どもの急病。

 

病気では、保育園も幼稚園も小学校も出席できません。

 

子どもが病気の時は、親が看病したいのですが必ずそれができるとは限りません。

 

そんな時に利用したいのが「病児保育」です。

 

 

病気の子どもをみてくれるというのは、通常の保育とは異なります

 

状態をみながら、何か変化があれば対応してくれるのが「病児保育」です。

 

病児保育には、施設型訪問型があります。

 

施設型は文字どおり、施設に子どもを預ける。

訪問型とは、自宅に保育をする人が来ることです。

 

「病後児保育」ってなに?

 

園や学校には出席できないけれど、病気回復時の子どもを預かってくれるのが「病後児保育」になります。

 

わたしは、子どもの病気の治りかけに一番気をつかいました。

 

治りかけの子どもというのは、見た目が元気で結構機嫌でいるのですね。

 

 

そこで、無理をさせるとまたぶり返す。

 

お迎えコールがあって早退になる。謝り倒してお迎えに。

 

この経験をしたママは多いと思います。

 

そんな時に利用したいのが「病後児保育」です。

 

 

「病児保育」「病後児保育」について調べるには?

 

 

働くママからすれば、とてもありがたい支援ですが、

いざ利用しようと思って慌てないように

 

自分の利用できる「病児保育」「病後児保育」はどこにあるのか知っておきましょう。

 

公的なものは、病児・病後児保育事業になり子育て支援の一つです。

「○◎市(お住まいの市) 病児・病後児保育事業で検索しましょう。

市のサイトで該当ページがヒットします。

 

公的なものは、子育て支援なので費用がとてもお手頃ですが、委託されている保育施設が必ずしも、近くにあるとは限りません。

 

公的な全国の病児・病後児の保育は、全国病児保育協議会のサイトが詳しいです。

全国病児保育協議会

 ↓ ↓ ↓

http://www.byoujihoiku.net/index.html

 

 

民間のものもありますが、それはシッター派遣会社のものが多いです。

シッターを自宅に派遣してくれるサービスなのでどうしても費用が公的なサービスより高くなります。

短時間の利用でも、パート勤務の私の日給をはるかに超えて、とてもとても高いと感じました(^^;

 

どうしても休めない時に最後の手段として利用してみましょう。

病児 病後児 シッター ○○県(おすまいの地域)で検索します。

 

広告

 

まとめ

熱がすっきり下がらない子どもを見て、「どうしてなの。もう休めないよ。」とつぶやいた朝。

 

ママなのにそんなことを思う自分に罪悪感を持つ。

 

そんなママと子どもを助けるために病児・病後児の保育があるのです。

 

いざと言う時のために、自分が利用できる方法を知っておきましょう。

 

  1. 病気の子どもと働くママのために助かるシステム。
  2. 病気の時も、病気から回復する時の2種類の保育がある。
  3. 公的なものと、民間のものがある。

 

職場には「子どもの急病の対応のひとつとして、病児保育の利用を考えています。」と伝えることをおすすめします。

勤務に意欲があると伝わり好印象です。

 

求職中であれば、面接の際に必ず聞かれる「お子さんの病気の時は?」の答えにも対応できます。

 

広告

 

LINEで送る
Pocket